2014年02月04日

小規模企業共済制度の前納減額金

小規模企業共済制度の掛金は、月額を1,000円から7,000円の範囲で選択できます。
そして1口は500円単位で小規模企業共済制度の掛金の額を調整することができます。
また任意に小規模企業共済制度の前納納付する方法もあり、前納で掛金は割引されます。
まとめて小規模企業共済制度の掛金を納付することを前納といいます。
小規模企業共済制度の前納は将来の掛金を前払いすることになり遡っての掛金納付は無理。
半年分または1年分の小規模企業共済制度の掛金を毎年定期的に納付することができます。
また小規模企業共済制度の共済事由が生じて、1年以内に申し出ることもその要件です。
割り引かれた小規模企業共済制度の掛金額は、前納減額金として支払われます。

小規模企業共済制度の前納減額金は、掛金月額×0.9/1,000×前納月数の累計で算出されます。
前納した月数が12カ月以上の場合超える月数は小規模企業共済制度では12カ月計算です。
ただし小規模企業共済制度の前納減額金が5,000円未満の時は、預託されてしまいます。
未納月数が12カ月以上となった場合は、小規模企業共済制度契約が解除されます。
預けられる先は、中小企業基盤整備機構になるのが小規模企業共済制度のシステムです。
月払いのほか、半年払い、1年払いで小規模企業共済制度の掛金をまとめて納付も可能です。
掛金の増減や払い込み区分の変更は、小規模企業共済制度への加入後もできます。
小規模企業共済制度の掛金が未納となった場合、再度未納分の掛金と合わせて口座振替。
そして小規模企業共済制度の前納減額金の支払いについては、その年の6月に支払います。

小規模企業共済制度に加入後、個人事業主が法人になった時はね引き継ぐことができます。
この手続きのことを、小規模企業共済制度の掛金納付月数の通算と呼んでいます。
小規模企業共済制度の掛金納付月数の通算のためには一定の要件を満たす必要があります。
そして引き続き小規模企業共済制度の企業者であり、加入資格を満たしていることです
posted by ももたろ at 13:33| Comment(0) | 保険、ローンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

小規模企業共済制度で節税

小規模企業共済制度は、中小企業の経営者を対象にした共済制度になります。
毎月一定の掛金を小規模企業共済制度では支払わなければなりません。
支払った掛金や期間に応じた共済金が返ってくる制度が小規模企業共済制度なのです。
小規模企業共済制度共済金を分割受領の場合は雑所得になります。
小規模企業共済制度の一番のメリットは、節税効果が高いということでしょう。

小規模企業共済制度に納めた掛金というのは、全額控除されます。
経費ではなく、課税所得の控除対象に小規模企業共済制度はなるのがポイントです。
最高で月7000円というのが小規模企業共済制度の掛金になり、年間で94万円です。
これだけの金額が控除対象になるのは、小規模企業共済制度の大きな特徴です。
小規模企業共済制度は、廃業や退職時の資金手当を準備しておくための共済制度です。
所得控除として課税所得から控除することができるのが小規模企業共済制度の魅力です。
事業主のための退職金制度ということが小規模企業共済制度に言えるでしょう。
小規模企業共済制度は、事業廃止や退職時に一時金もしくは分割にて支払われます。
小規模企業共済制度の金額は、掛金を収めた月数によって変わってきます。
小規模企業共済制度の月額掛金は、1,000円から7,000円で中途での任意解約も可能です。

小規模企業共済制度の節税効果としては、個人での全額所得控除である点を利用します。
そして加入に合わせて役員報酬を小規模企業共済制度掛金相当分アップします。
そして法人においても小規模企業共済制度の報酬をアップした分だけ節税になります。
注意点としては小規模企業共済制度加入要件に従業員数が20人以下という規模要件です。
そして小規模企業共済制度共済金受領時は原則として退職所得であるところです。
多少割増になる可能性はあるのですが小規模企業共済制度のメリットは別にあります。
そして小規模企業共済制度共済金を任意解約した時は、一時所得として課税されます
posted by ももたろ at 13:46| Comment(0) | 保険、ローンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

小規模企業共済制度のデメリット

小規模企業共済制度のデメリットとしては、加入後1年以内の解約になるでしょう。
小規模企業共済制度はやはり長期的視点で考えていく必要があるでしょう。
全くの掛け捨てになるので安易に小規模企業共済制度に加入しない方がいいでしょう。
小金額でも20年に早く近づくので小規模企業共済制度は早い段階での加入がお勧めです。
そしてさらに戻ってきた小規模企業共済制度の掛金には一時所得として課税されるのです。
毎月払う掛け金を小規模企業共済制度で減額する場合には相当の理由が必要になります。
一時所得は支出額に当てはまらないので小規模企業共済制度のメリット時期がずれます。
解約するよりは融資を受けて払い続ける方が 小規模企業共済制度では得策でしょう。
小規模企業共済制度の掛金は所得控除対象としてのメリットがあります。
小規模企業共済制度では最初から大きい額を掛けずに小さく掛けていくことが大切です。
それは小規模企業共済制度には無担保、無保証人の低利融資制度があるからです。
所得によって15年以内で小規模企業共済制度を脱退すると元本割れする危険性もあります。
また小規模企業共済制度では、途中で引き出したり資金繰りとして借りることはできません。

小規模企業共済制度は、退職金、所得などとして税金がかかるようになっています。
また小規模企業共済制度の中途退会の場合、元本割れする上にさらに所得税もかかります。
若い人の場合は、20年後以降の小規模企業共済制度制度の先行きにも不安があるでしょう。
では1年を超えると小規模企業共済制度の掛金はしっかり戻ってくるのでしょうか。
実は20年以上の加入期間がないと小規模企業共済制度の掛金金額が戻ることはありません。
また小規模企業共済制度を任意解約する場合、20年以上の加入実績がないと損します。そ掛金総額を下回る解約手当金しか小規模企業共済制度は貰えないようになっているのです。
またその時小規模企業共済制度では、おまけに一時所得として課税までされてしまいます。
小規模企業共済制度の掛金は、支出した金額として扱われないからです
posted by ももたろ at 13:33| Comment(0) | 保険、ローンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
AV・デジモノ
ホビー・エトセトラ
国保、健保の大幅削減!!
ホビーで息抜き
AV機器、カメラ
パソコン、周辺機器
楽器、趣味、学習
無料、低価格のアフィリエイト情報商材を使って即効儲ける!?(レビュー!SEOアクセスアップ)
ネット選挙解禁に向けて
きまぐれまぐれ
FXでお金持ちに?!
無料、低価格のアフィリエイトはいかに
アフィリエイトで稼ぐ
いろいろなアフィリエイトについて
いろいろなアフィリエイトとお金儲け
アフィリエイトをはじめるにあたり
アフィリエイトに関する
アフィリエイトのうんちく
アフィリエイトのあれこれ
オークション はじめの一歩から儲けるまで
オークションでの賢い立ち回り方
オークションで稼ぐノウハウ
オークションに関するあれこれ
オークションで
オークション 安く買い高く売る方法について
上手なオークションの使い方
使えるオークション商材
いろいろなお金儲け
ファッションについてのブログ
芸能情報ブログ
雑学情報
金融とFX スタートからエキスパートへ
生活全般
健康と病気
さまざまな出会いと結婚について
ビジネス、アルバイト、転職についてのあれこれ
FX,金融商品に関する優良情報
保険やローンカードについてのブログ
やっぱりニュース!!
よろずや(携帯専用)
Myblog
仮称 名古屋政経研究会 ブログ
楽天いろいろ
美容とダイエットについて
その時々でいろいろかきます。
お題いろいろ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。