2014年02月02日

小規模企業共済制度のデメリット

小規模企業共済制度のデメリットとしては、加入後1年以内の解約になるでしょう。
小規模企業共済制度はやはり長期的視点で考えていく必要があるでしょう。
全くの掛け捨てになるので安易に小規模企業共済制度に加入しない方がいいでしょう。
小金額でも20年に早く近づくので小規模企業共済制度は早い段階での加入がお勧めです。
そしてさらに戻ってきた小規模企業共済制度の掛金には一時所得として課税されるのです。
毎月払う掛け金を小規模企業共済制度で減額する場合には相当の理由が必要になります。
一時所得は支出額に当てはまらないので小規模企業共済制度のメリット時期がずれます。
解約するよりは融資を受けて払い続ける方が 小規模企業共済制度では得策でしょう。
小規模企業共済制度の掛金は所得控除対象としてのメリットがあります。
小規模企業共済制度では最初から大きい額を掛けずに小さく掛けていくことが大切です。
それは小規模企業共済制度には無担保、無保証人の低利融資制度があるからです。
所得によって15年以内で小規模企業共済制度を脱退すると元本割れする危険性もあります。
また小規模企業共済制度では、途中で引き出したり資金繰りとして借りることはできません。

小規模企業共済制度は、退職金、所得などとして税金がかかるようになっています。
また小規模企業共済制度の中途退会の場合、元本割れする上にさらに所得税もかかります。
若い人の場合は、20年後以降の小規模企業共済制度制度の先行きにも不安があるでしょう。
では1年を超えると小規模企業共済制度の掛金はしっかり戻ってくるのでしょうか。
実は20年以上の加入期間がないと小規模企業共済制度の掛金金額が戻ることはありません。
また小規模企業共済制度を任意解約する場合、20年以上の加入実績がないと損します。そ掛金総額を下回る解約手当金しか小規模企業共済制度は貰えないようになっているのです。
またその時小規模企業共済制度では、おまけに一時所得として課税までされてしまいます。
小規模企業共済制度の掛金は、支出した金額として扱われないからです
posted by ももたろ at 13:33| Comment(0) | 保険、ローンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
AV・デジモノ
ホビー・エトセトラ
国保、健保の大幅削減!!
ホビーで息抜き
AV機器、カメラ
パソコン、周辺機器
楽器、趣味、学習
無料、低価格のアフィリエイト情報商材を使って即効儲ける!?(レビュー!SEOアクセスアップ)
ネット選挙解禁に向けて
きまぐれまぐれ
FXでお金持ちに?!
無料、低価格のアフィリエイトはいかに
アフィリエイトで稼ぐ
いろいろなアフィリエイトについて
いろいろなアフィリエイトとお金儲け
アフィリエイトをはじめるにあたり
アフィリエイトに関する
アフィリエイトのうんちく
アフィリエイトのあれこれ
オークション はじめの一歩から儲けるまで
オークションでの賢い立ち回り方
オークションで稼ぐノウハウ
オークションに関するあれこれ
オークションで
オークション 安く買い高く売る方法について
上手なオークションの使い方
使えるオークション商材
いろいろなお金儲け
ファッションについてのブログ
芸能情報ブログ
雑学情報
金融とFX スタートからエキスパートへ
生活全般
健康と病気
さまざまな出会いと結婚について
ビジネス、アルバイト、転職についてのあれこれ
FX,金融商品に関する優良情報
保険やローンカードについてのブログ
やっぱりニュース!!
よろずや(携帯専用)
Myblog
仮称 名古屋政経研究会 ブログ
楽天いろいろ
美容とダイエットについて
その時々でいろいろかきます。
お題いろいろ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。