2014年01月20日

ファミリーバイク特約の等級

ファミリーバイク特約は、125cc以下の原付バイクなどで事故を起こした際、補償される保険特約になります。

ファミリーバイク特約の対象となる事故を起こしたとしても、翌年のノンフリート等級には全く影響がありません。
他人のバイクで事故を起こした場合でも、ファミリーバイク特約は、特約の対象になります。
ファミリーバイク特約に該当するのは、被保険者の家族ですが、同居していない子供の場合でも未婚なら対象になります。
事故を起こした場合でも、ファミリーバイク特約に入っていれば、次年度の更新時には等級が上がります。
メリットは、ファミリーバイク特約に加入した場合、事故を起こして保険金を受け取っても、自動車保険の等級に影響がないところです。
原付バイクを家族で使用する場合に適した特約がファミリーバイク特約で、等級に影響しないのが大きな魅力です。
事故件数としてカウントされず、更新後のノンフリート等級が下がらないファミリーバイク特約はおすすめです。
とにかくファミリーバイク特約だけを使っても自動車保険の等級自体に影響はないので、一考の価値はあります。
ノーカウント事故として、ファミリーバイク特約を利用しても、次年度の更新時には1等級の等級が進みます。
事故の際、ファミリーバイク特約で保険金を請求すると、等級がダウンするのを心配する人がよくいますが、等級はダウンしません。
ファミリーバイク特約の保険金だけを支払う事故の場合、ノーカウント事故になるので、等級は関係なく、保険を使わなかった場合と同じ扱いになります。
また、運転者年齢条件特約運転者限定特約がついている場合でも、ファミリーバイク特約では、補償対象になります。
但し、補償内容は保険会社や商品によって異なるので、ファミリーバイク特約を契約の際はよく確認する必要があります。
但し、自動車の保険に付帯するのがファミリーバイク特約なので、等級による割引はありません。
等級が無いのがファミリーバイク特約なので、ファミリーバイクでの事故は、等級の変化がないのです
posted by ももたろ at 13:46| Comment(0) | 保険、ローンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

ファミリーバイク特約付帯

ファミリーバイク特約というのは、自動車保険に付帯できる保険で、125cc以下のバイク保険のことを指します。

ファミリーバイク特約では、20歳の同居している息子が原付バイクの運転で事故をしても補償対象になります。
補償内容については、付帯のファミリーバイク特約は、2タイプからしか選ぶことはできません。
自分のバイクを運転していなくてもOKなのが、付帯のファミリーバイク特約の魅力の一つになります。
基本的に誰のバイクを運転していてもファミリーバイク特約は対象になり、友人の原付バイクで事故をおこしても補償対象になります。
付帯のファミリーバイク特約は、運転者の年齢条件や家族限定を設定していても、縛られません。
運転者が30歳以上補償で、運転者本人限定特約を付帯していても、ファミリーバイク特約は補償対象になります。
保険金額については、付帯のファミリーバイク特約は、自動車保険の部分と同額になります。
付帯であることから、ファミリーバイク特約の場合、バイク保険のほうだけの保険金額を小さくすることはできません。
車の使用目的の区分についてはファミリーバイク特約は制限がなく、通勤や通学中の事故でも補償対象になります。
いずれにせよ、ファミリーバイク特約を付帯しておけば、バイクでの事故の際、とても役に立ちます。
保険会社が代理で事故の相手との示談交渉を行なってくれるので、ファミリーバイク特約を付帯しておけば便利です。

ファミリーバイク特約を付帯しても、自分の過失がゼロの事故の場合は、保険会社は示談交渉が行えません。

そのため、ファミリーバイク特約でそれが気になる人は、弁護士費用特約を付帯しておく必要があります。
自分や家族が運転するバイクが補償対象となる特約がファミリーバイク特約ですが、側車付き二輪自動車は対象外です。
ファミリーバイク特約において、付帯されない保険を希望する人は、バイク保険の見積もりなどをして、保険料をよく比較する必要があります。
posted by ももたろ at 14:33| Comment(0) | 保険、ローンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

ファミリーバイク特約補償

ファミリーバイク特約を付けると、記名被保険者と家族の人が原付自転車に乗車中の事故の際、補償してくれます。
また、他人が亡くなったりケガをした場合や、他人のものを破壊してしまった場合でも、ファミリーバイク特約は補償されます。
いいこと尽くめのファミリーバイク特約ですが、注意すべきなのは、搭乗者傷害保険が除外されていることです。
人身傷害なしのファミリーバイク特約を選択した場合は、自損事故保険の規定を適用して補償されることになります。
人身傷害ありのファミリーバイク特約を選択した場合は、人身傷害補償保険を適用して補償されることになります。
補償内容については、ファミリーバイク特約の場合、基本、自動車保険の主契約の補償内容と同一になります。
対物賠償保険を1千万円にしている場合、ファミリーバイク特約は、対物保険も1千万円になります。
特約扱いになるので、ファミリーバイク特約は、バイク保険に単独に加入するより、保険料をかなり安くできます。
自動車保険の特約がファミリーバイク特約であり、これは車両保険の付加サービスになります。
年額1万円程度以内で付けることができるのがファミリーバイク特約のメリットと言えるでしょう。
大変メリットの多い特約がファミリーバイク特約で、原付バイクを運転している人が契約者本人でなくとも補償対象になります。
また、ファミリーバイク特約の場合、主契約の年齢制限にも関係がなく、高校生でも補償対象になります。
さらに、何台のバイクでも一つのファミリーバイク特約で契約することができるので、メリットはたくさんあります。
原付自転車に乗車中の人がケガをした場合、ファミリーバイク特約は、補償してくれ、保険金が支払われます。
運転者か同乗者が転倒事故などで怪我をした場合、ファミリーバイク特約では治療費の補償ができない場合かあります。
この点にはあらかじめ注意が必要で、ファミリーバイク特約に加入する時は、補償内容をよく確認する必要があります
posted by ももたろ at 13:33| Comment(0) | 保険、ローンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
AV・デジモノ
ホビー・エトセトラ
国保、健保の大幅削減!!
ホビーで息抜き
AV機器、カメラ
パソコン、周辺機器
楽器、趣味、学習
無料、低価格のアフィリエイト情報商材を使って即効儲ける!?(レビュー!SEOアクセスアップ)
ネット選挙解禁に向けて
きまぐれまぐれ
FXでお金持ちに?!
無料、低価格のアフィリエイトはいかに
アフィリエイトで稼ぐ
いろいろなアフィリエイトについて
いろいろなアフィリエイトとお金儲け
アフィリエイトをはじめるにあたり
アフィリエイトに関する
アフィリエイトのうんちく
アフィリエイトのあれこれ
オークション はじめの一歩から儲けるまで
オークションでの賢い立ち回り方
オークションで稼ぐノウハウ
オークションに関するあれこれ
オークションで
オークション 安く買い高く売る方法について
上手なオークションの使い方
使えるオークション商材
いろいろなお金儲け
ファッションについてのブログ
芸能情報ブログ
雑学情報
金融とFX スタートからエキスパートへ
生活全般
健康と病気
さまざまな出会いと結婚について
ビジネス、アルバイト、転職についてのあれこれ
FX,金融商品に関する優良情報
保険やローンカードについてのブログ
やっぱりニュース!!
よろずや(携帯専用)
Myblog
仮称 名古屋政経研究会 ブログ
楽天いろいろ
美容とダイエットについて
その時々でいろいろかきます。
お題いろいろ